有名人もハマる!バカラってどんなゲーム?その魅力について

1.カジノで定番のバカラはハマる!

バカラは有名人もハマってしまうゲームで、主にカジノで提供されているのが特徴です。
名前を知っていてもルールは知らない、そういう定番のゲームだといえるでしょう。

日本だと、大企業の御曹司が大金を使ってニュースになったり、プロスポーツの選手が闇カジノでハマって問題となりました。
どちらも人生の成功者だと考えられますが、それでもハマって身を持ち崩してしまうほどの魅力を秘めています。

(参考)
梅宮アンナさん、前夫に逮捕状 バカラ賭博で26億円稼ぐ(産経新聞)

しかし、これはあくまでも度を越したり、ルールを守らずに遊んでしまったのが原因です。
ゲーム自体に罪はありませんし、節度を守って楽しく遊べば、純粋に魅力を味わうことができます。

一見すると難しそう、あるいは財産を失ってしまうイメージがありますが、バカラのルールはシンプルで案外初心者向けです。
基本的なルールとしては、トランプを使ってプレイヤーとバンカーという、仮想的な対戦者にベットするものとなります。

2.ゲームはディーラーの手で機械的に進む

仮想上のプレイヤーとバンカーにはそれぞれカードが配られ、合計した数字の1桁が9に近くなったら勝ちというものです。
10の位は常に無視されますから、このゲームのプレイ中は1桁だけを見ていれば良いことになります。

10以上のJとQやKは、ルールの都合上全てが0と同等と見なされます。
ルールは9に近い方が勝ちですから、例えば6と5なら6の勝ちというわけです。

ゲームはディーラーの手で機械的に進み、ベットするタイミングでどちらか一方を選択します。
頭を使う要素はありませんし、テーブル上を見て次の結果を予想するだけですから、特に記憶力や難しい計算なども必要とされないです。

ところが、この単純なゲームは人々を魅了しており、アジアのカジノ場には必ずといって良いほどテーブルが用意されています。
中にはバカラが殆どを占める、そういったカジノも存在する位ですから、人気の高さや凄さを窺い知ることができます。

3.ベットの方法には何通りかあり、それに応じてリターンが決まる

プレイヤーに求められる操作はほとんどなく、ベットを行う程度の手軽さなので、初心者にもおすすめできるゲームです。
簡単なのに何故誰もがハマるのか、その魅力の秘密を知りたくなったらカジノ場へGOとなります。

(参考)
オンラインカジノで人気の攻略法・必勝法一覧

ただベットするだけといっても、ベットの方法には何通りかあって、それに応じてリターンが決まります。
仮想のプレイヤーにベットして当たった場合は、配当が2倍になって戻ってきます。

バンカーは少し低めに配当率が設定されていて、同様に当たれば1.95倍です。
これはバンカーの方が若干勝ちやすく、少しだけプレイヤーとの差が付けられているからです。

ベットの対象には引き分けもあって、当たると8倍という高額配当が得られます。
このあたりの魅力も相まって、バカラは有名人すらも引き込んで離さない、そんなイメージを抱かせています。

4.プレイヤーかバンカーに直接ベットするのが簡単

同じカードが2枚出る、つまりペアの予想をして当たったら、5倍から25倍の間でリターンを受け取れます。
プレイヤーとバンカーに3枚ずつのカードが配られると、ビッグとなって配当が発生します。

一方で、2枚ずつカードを配って勝敗が決した時は、1.5倍の配当が設定されるスモールで当たりです。
このように、バカラはゲームの進行やルール自体は簡単ですが、ベット方法が実に多種多様なので、そこが奥深さを生み出したり特有の魅力となっています。

初心者はまず、プレイヤーかバンカーに直接ベットするのが簡単なので、この方法でゲームの流れや特徴を掴むことをおすすめします。
次に、慣れてきたら引き分けのタイも交えて、ベットを続けるようにするとバカラの駆け引きが分かってくるはずです。

シンプルで当たりやすいことから、ついつい手持ちを多く費やしてしまいがちですが、当然ながら大きなリターンの裏にはリスクもあるので、程々に楽しむのが理想的です。