世界の歌姫、レディーガガの凄さとは?

1.女優として開花したレディーガガ

かつては奇抜な歌姫として世界的な人気を誇っていたレディーガガは、その後一旦落ち着いたものの再び注目度と人気が急上昇しています。
それは、彼女の凄さが多くの人に知れ渡ってきているからです。
ではどんな点が凄いのでしょうか。

最初の点として女優として開花したことが挙げられます。
レディーガガと言えば当然歌手として有名です。
しかしドラマに出演したりと女優としての才能を開花させたのです。

ゴールデングローブ賞授賞式ではミニシリーズのテレビ映画部門の主演女優賞に輝きました。
音楽だけでなく演技も才能があるのはとても凄いことです。

2.モデルの才能がある

モデルの才能があるという点も凄さの一つです。
女優デビューの次はモデルデビューで世界を驚かせました。

ニューヨークファッションウィークではマークジェイコブスのショーでランウェイを歩き、圧倒的な存在感を放つことに成功したのです。
その時にしていたメイクは他のモデルたちと同じバックステージで行ない、特別扱いしてほしくないという本人の希望からもファンが増えます。

3.抜群の歌唱力!

スタイルが良く演技も上手なため女優さんとして認識している方も多いことでしょう。
しかし、やっぱり歌手なので歌が凄いです。

スーパーボウルではオープニングで国歌斉唱を披露し、パワフルなパフォーマンスで大勢の人が歌唱力が並外れていると話題になりました。
これほどまで人気になれば、謙遜さを保つのは難しいと言われていますがレディーガガは他のアーティストへの敬意も決して忘れません。

ライバルとなる人たちにも優しく、謙遜に行動する様子から世界中の人からの人気を集めています。

グラミー賞授賞式では、亡くなったデヴィッド・ボウイへのトリビューライブを披露し彼にそっくりなメイクと衣装で愛溢れるパフォーマンスを行いました。
心美しい彼女ならではのパフォーマンスに多くの人が感動し、涙を流さずにはいられません。

4.フェミニストとしての活動も

また、フェミニストとしての活動も話題となっています。
かつてレイプの被害を明かした彼女は他の被害を受けた方と共にパフォーマンスを行い、被害に遭った方の内面的ショックを少しでも癒せるように活動しています。

最近ではプロデューサーに性的や心理的に虐待されていた歌手のKESHAを応援するメッセージを送りました。
これまでは奇抜なファッションや言動だけが注目されていたレディーガガですが、実は普通の心優しい女性であり、様々な事に挑戦する強い女性なのです。

このような優しい一面が知られてきた現在多くの注目を浴び、次はどんなことに挑戦するのか楽しみです。
しかも挑戦することすべてが才能があるのでその豊かさにも人気の理由です。

5.レディーガガの動画に注目

最後にレディーガガは多くの動画を配信していますが、その動画にも注目を浴びる理由が隠されています。
それは様々なテンポや雰囲気の音楽に合わせて自然にダンスをすることです。

例えばPoker Faceはインパクトがあって耳に残るような曲になり、他の曲に比べれば優しいほうです。
しかし、この盛り上がりにくい曲を最後までやりきるには相当な技量が必要であり素人は絶対に真似をすることが出来ません。

テンポが遅いと踊りが複雑なだけでなく間が持たずにやりにくさを感じるのにこの曲を選択するというのは彼女の心の強さが現れています。

6.まとめ

レディーガガは見た目と内面に大きなギャップがある人で不思議ととても魅力的に感じます。
彼女のインタビュー対応などをみても、質問の主旨をきちんと理解したうえで明確な答えと言葉のチョイスをし、とてもスマートなのです。

今まで奇抜な歌姫という事しか知らなかった人はこの意外な点を知って更に魅力を感じる事でしょう。
また、すでに知っていたという方もこれからの成長に胸を弾ませる事が出来ます。

有名人もハマる!バカラってどんなゲーム?その魅力について

1.カジノで定番のバカラはハマる!

バカラは有名人もハマってしまうゲームで、主にカジノで提供されているのが特徴です。
名前を知っていてもルールは知らない、そういう定番のゲームだといえるでしょう。

日本だと、大企業の御曹司が大金を使ってニュースになったり、プロスポーツの選手が闇カジノでハマって問題となりました。
どちらも人生の成功者だと考えられますが、それでもハマって身を持ち崩してしまうほどの魅力を秘めています。

(参考)
梅宮アンナさん、前夫に逮捕状 バカラ賭博で26億円稼ぐ(産経新聞)

しかし、これはあくまでも度を越したり、ルールを守らずに遊んでしまったのが原因です。
ゲーム自体に罪はありませんし、節度を守って楽しく遊べば、純粋に魅力を味わうことができます。

一見すると難しそう、あるいは財産を失ってしまうイメージがありますが、バカラのルールはシンプルで案外初心者向けです。
基本的なルールとしては、トランプを使ってプレイヤーとバンカーという、仮想的な対戦者にベットするものとなります。

2.ゲームはディーラーの手で機械的に進む

仮想上のプレイヤーとバンカーにはそれぞれカードが配られ、合計した数字の1桁が9に近くなったら勝ちというものです。
10の位は常に無視されますから、このゲームのプレイ中は1桁だけを見ていれば良いことになります。

10以上のJとQやKは、ルールの都合上全てが0と同等と見なされます。
ルールは9に近い方が勝ちですから、例えば6と5なら6の勝ちというわけです。

ゲームはディーラーの手で機械的に進み、ベットするタイミングでどちらか一方を選択します。
頭を使う要素はありませんし、テーブル上を見て次の結果を予想するだけですから、特に記憶力や難しい計算なども必要とされないです。

ところが、この単純なゲームは人々を魅了しており、アジアのカジノ場には必ずといって良いほどテーブルが用意されています。
中にはバカラが殆どを占める、そういったカジノも存在する位ですから、人気の高さや凄さを窺い知ることができます。

3.ベットの方法には何通りかあり、それに応じてリターンが決まる

プレイヤーに求められる操作はほとんどなく、ベットを行う程度の手軽さなので、初心者にもおすすめできるゲームです。
簡単なのに何故誰もがハマるのか、その魅力の秘密を知りたくなったらカジノ場へGOとなります。

(参考)
オンラインカジノで人気の攻略法・必勝法一覧

ただベットするだけといっても、ベットの方法には何通りかあって、それに応じてリターンが決まります。
仮想のプレイヤーにベットして当たった場合は、配当が2倍になって戻ってきます。

バンカーは少し低めに配当率が設定されていて、同様に当たれば1.95倍です。
これはバンカーの方が若干勝ちやすく、少しだけプレイヤーとの差が付けられているからです。

ベットの対象には引き分けもあって、当たると8倍という高額配当が得られます。
このあたりの魅力も相まって、バカラは有名人すらも引き込んで離さない、そんなイメージを抱かせています。

4.プレイヤーかバンカーに直接ベットするのが簡単

同じカードが2枚出る、つまりペアの予想をして当たったら、5倍から25倍の間でリターンを受け取れます。
プレイヤーとバンカーに3枚ずつのカードが配られると、ビッグとなって配当が発生します。

一方で、2枚ずつカードを配って勝敗が決した時は、1.5倍の配当が設定されるスモールで当たりです。
このように、バカラはゲームの進行やルール自体は簡単ですが、ベット方法が実に多種多様なので、そこが奥深さを生み出したり特有の魅力となっています。

初心者はまず、プレイヤーかバンカーに直接ベットするのが簡単なので、この方法でゲームの流れや特徴を掴むことをおすすめします。
次に、慣れてきたら引き分けのタイも交えて、ベットを続けるようにするとバカラの駆け引きが分かってくるはずです。

シンプルで当たりやすいことから、ついつい手持ちを多く費やしてしまいがちですが、当然ながら大きなリターンの裏にはリスクもあるので、程々に楽しむのが理想的です。

クリスマスに友達と過ごす若者が増えている?昨今の恋愛事情について

1.クリスマスのイメージが変わりつつある?

クリスマスといえば子供はサンタさんからプレゼントがもらえる1年で一番楽しみな日、そして大人にとっては恋人と共に甘い一夜を過ごす日です。
結婚情報相談サービスなどのアンケート調査でもクリスマスイブからクリスマスにかけての24時間が最もセックスする人間が多いことが分かっています。

現在もクリスマスにホテルを予約しデートプランを考える若者はたくさんいますが、それとは別の流れも加速しつつあるようです。
それが「クリスマスは恋人ではなく友達と過ごす」という考え方です。

クリスマスを友達と過ごすという生き方は恋愛至上主義が絶対の正義であった数十年前からありました。
ただしこれは12月までに恋人を作ることができなかったり、好きな相手にデートを誘って承諾を得ることができなかった人たちが、自分たちの傷をなめ合うために開催するという、ある種の失敗コースとして認知されていたのです。

しかし近年開催されている友達同士で集まってのクリスマス会にそうしたネガティブな印象は払拭されつつあります。
もちろん定番ネタとして集まった人たちの口からは「何で俺は恋人じゃなくてお前らと一緒にいるんだ」なんて愚痴が飛び出しますが、本気で言っている訳ではなく心から友人たちと過ごすイベントを楽しんでいるのです。

2.昨今の若者たちの恋愛事情が変化している

こうした背景にあるのが昨今の若者たちの恋愛事情の変化です。
現在の20代以上の人であれば若者の草食化という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

一昔前の若い男性は必死に金を稼ぎオシャレをして、どうにかして同世代の女性たちに相手にしてもらおうと積極的にアプローチをしていたというのに、最近の男の子はそもそも女性にアプローチ自体をしない、恋愛はおろか結婚ができなくても構わないと考えている人が増えているといった現象を指して使われた言葉です。

若者の草食化は複数の要因によって発生した現象と考えられています。
その中でも最も重要なのがインターネットの登場です。

インターネット登場以前の世界では私たち現代人はなかなか他の人の本音を知ることができませんでした。
たとえばセックス経験のない童貞の男性であっても、以前は童貞ではなくセックスしたことがあるように振る舞っていたのです。

3.セックスに興味がない、婚活市場に参戦したくないといった意見が表に出る

そうするとそれを見た別の童貞の男性も「やっぱりみんなセックスしてるんだな、自分も何とか童貞卒業しなくちゃダメだ」と他の人と差をつけられないように婚活市場に参戦していた訳です。

しかしインターネットの登場で世界は一変します。
近年はインターネットの一般化とフェイスブックなどの実名制ソーシャルネットワークサービスの登場で、自分の正体を明かした状態でネットをする人も増えていますが黎明期のインターネットは匿名性が最大の特徴でした。

自分の正体が分からない状態であれば人は良くも悪くも現実世界では言えない本音を全開にして会話します。
これによりセックスに興味がない、本当は婚活市場に参戦したくないといった意見が表に出るようになります。

4.数十年の時を経て本来の在り方に近づいている

するとこれまでは周囲に合わせるように行動していた人たちも「自分だけだと思ったけど、同じような人はたくさんいるんだ」と安心するようになり、周囲から浮かないようにするためだけに恋愛する人が減ったのです。

若者が積極的に恋人を作るためのアプローチに走らなくなったことは、少子高齢化の観点から見ると問題ですが個人が社会的な圧力によって行動を制限されなくなったという意味ではとても喜ばしいことです。

それに日本では日本企業の商売のために恋人たちの1日のようになっていますが、欧米では元々家族や親しい人たちと団欒を楽しむ日でした。
数十年の時を経て本来の在り方に近づいていると言えるかもしれません。

初心者必見!ゴルフのラウンドデビューはどれぐらいが目安?

1.ラウンドデビューする最低条件とは?

最近は、ゴルフのプレイ代金も昔と比べると安価にできるようになり気軽に楽しめるようになってきましたが、マナー等の点や、プレイで後続の組や一緒にまわる人に迷惑がかかることも頻繁にあるようです。

ゴルフ初心者がラウンドデビューするには、まず最低限のマナーやプレイでの規則をしっかりと身につけるのが最初です。
スコアの数え方も知っていることが初歩的なことになります。

実際にデビューする時は、少なくともティーショットでドライバー等が振れるようになることと、最低限のアイアンで7番、9番、ピッチングが振れることが最低条件です。

このアイアン3本は基本となります。
何故なら、フェアウェイウッドを上手くこなせなくても、ティーショットを打った後にこのアイアン3本を持って走ればどんな所へ飛んでいようと、割りに簡単に次打を初心者でも打つことができる確率が高くなるからです。

番手が低いほど、初心者にはアイアンを使いこなすのはとても難しいと言えますので、7番から9番までは使いこなせるようになるのがデビューの目安となります。

2.距離は出なくてもまっすぐにボールが飛ぶようになること

次に大切なことは、距離は出なくてもまっすぐにボールが飛ぶようになることです。
とりあえず前に飛べばグリーンに近づきますので、多少曲がることはだれにでもあることなので、少しでも前に飛ぶようになることが肝心となります。

レッスンに通っているようであれば、グリップの握り方から始まりクラブの選び方、実際のスィングなどもきっちりと教えてくれるので、おおよそ半年位はレッスンに通ってからと言うのが目安だと言えます。

グリーンにあがってから、パターを使用しますがこれも今ではレッスン場やゴルフ練習場にグリーンが設置されている所も多くありますので、実際にパター練習もしておくべきです。
又、バンカーも設置されている練習場もありますので、サウンドウェッジの使い方も覚えておくことをして下さい。

このように、ドライバー、アイアンの番手の高いもの、サウンドウェッジ、パターを最低でも使えるようになってからのラウンドデビューが一番の目安だとお勧め致します。

3.初心者だけでコースを廻らず上級者や熟練者とともに行く

注意することで大切なことは実際にデビューする際には、必ず初心者だけでコースを廻らず上級者や熟練者とともに行く事が肝心です。

ラウンドする際には、2時間半を目安でハーフを廻るように促しているゴルフ場も多々あり、時間がかかりすぎたりすると、ゴルフ場からの注意があったりしますし後続のプレイヤーさんたちにも迷惑をかけるので初心者だけでのプレイは極力避ける方が好ましいです。

更にロストボールの判定や、プレイング4など初心者での判定が難しい場面もたくさんありますのでルールにそったプレイができるようでなければデビューは難しいと言えます。

ただ単に好きにボールを打って楽しむのと、ラウンドデビューとは大きな違いがあることを理解しなければなりません。
もし、ボールがほかのプレイヤーさんにあたったりして怪我を負わせてしまったら大変なことになりますので、ゴルフ保険にも入っておいてからデビューすることもお勧め致します。

上級者や熟練者と一緒にいけば、進行や注意や玉の行方にも気をつかってくれたりしますが、そうではない場合はデビューの際はキャディさんをつけることも考慮して下さい。

キャディさんであればコースを熟知していますし、後続やほかのプレイヤーさんに対する気配りも考えて進行させてくれますので、お勧めです。
少しボールが飛ぶようになってくると、一日も早くラウンドデビューしたいと思うのが普通ですが、色々と学んでから足を運ぶことがプレイを楽しめる近道でもあり、デビューが上手くいくコツだとも思いますので目安にして下さい。

どこからがパワハラ?昨今のパワハラ問題を考える

1.パワハラについて考える

月曜日のPM10時から10月15日にスタートした、テレビ東京系で放映されている「ハラスメントゲーム」というドラマがあります。
唐沢寿明さんや広瀬アリスさんがコンプライアンス室の室長やスタッフとして様々なハラスメントを解決していくというドラマです。

その中にはもちろんパワハラもありました。
「がんばれ」という励ましが、時にはパワハラになることもあるということもドラマの中では言われていました。

うつ病の人に「がんばれ」は禁句だということはよく言われています。
しかし、「頑張れ」が励ましではなくパワハラだというのであれば、40歳や50歳以降の世代の人たちは、自分たちの小学校や中学校や高校の教師は1日に1回は「頑張れ」という言葉を使っていたはずです。

いやいや、1日に1回どころか1時間の授業の間に何度も使っていたことでしょう。
ハラスメントになるかどうかは、受けての気持ち次第だとよく言われます。

2.既に心がすり減っている人に「もっと頑張れ」というのはパワハラになる?

この「ハラスメントゲーム」の主題歌はコブクロの「風をみつめて」という楽曲ですが、その中にこんな歌詞があります。

ネジ山のすり減ったネジを力一杯回した途端、二度と動かなくなったんだ

という歌詞です。

既に心がすり減っている人に「もっと頑張れ」というのは、パワハラになるのかもしれません。
精いっぱい頑張ってきて、「もうこれ以上動けない」、「もうこれ以上進めない」と言っている人に「頑張れ」というような上司がいれば、それはその上司が部下のことをきちんと見ていないと言われても、仕方ないでしょう。

このような場合は「疲れているのかな?」、「これ以上前に進めないのは、何故だろう」などと考えて、休養させるのも手腕の一つです。

何故、頑張ることが出来ないのかを部下と一緒に考えることが必要でしょう。
プライベートなことで何か悩み事があるのかもしれません。

3.頑張れと言う励ましでさえも問題になる時代・・・

頑張れなかった人が頑張れるようになった時は、顔が晴れます。
これが本当の「がんばる」ということではないでしょうか。

本当の意味の「がんばる」は、「顔晴る」です。
「頑張れ」と励ますよりも、頑張っている人に「いつも色々と助けてくれてありがとう。助かるよ」と言うほうが、部下もやる気を出すし、気持ちが良いでしょう。

頑張れと言う励ましでさえも問題になる時代ですから、もはや暴力や暴言は言語道断です。
教師と生徒の間でも、生徒が遅刻をしたからと言って即、「遅いぞ」と怒鳴るようなやり方は今の時代はNGです。
ハラスメントになりかねません。

まずは、理由を聞くことが大切です。
体調が悪くてどうしても朝起きられなかったけど、何とかして登校したのかな?と、まずは生徒の体調に気を配りましょう。

4.どうしたら遅刻しないで済むかを生徒自身に考えさせること

怠慢から遅刻をするような子はいない、と信じていたら「何をやってるんだ」などと怒鳴るという対応にはならないでしょう。
生徒たちのことを信用していれば、「どうしたんだ?具合でも悪かったのか?」という類のセリフが出るのが、ごく自然な流れです。

そのうえで、もしも「テレビに大好きなアイドルが出ていて、ついつい最後まで見てしまいました。走って行けば間に合うと思ったんですけど、すみません」などと言う理由であったとしても、怒鳴ったり叱ったりしてはダメです。

もしも今度また同じような状況になったとしたら、どうしたら遅刻しないで済むかを生徒自身に考えさせることが大切です。

一昔前のように、遅刻したらお尻を叩くとか拳骨で指導するというやり方では、じゃあどうすれば遅刻しないで済むのか、という答えは何も導き出せません。

このような指導なら、教師免許を持たない人でもできます。
校門の前で、時間までに登校してこなかった生徒を叩いていればいいだけの話です。
こんな指導なら、小学生や中学生でもできます。

上から一方的に指導するやり方は、それはアドバイスや指導ではなく「パワハラ」だと言われても仕方がないでしょう。